商品代金10,000円以上で送料無料

量・期間限定!「小さな物語」シリーズ 曆(こよみ)特製夏みかん蜜煮

量・期間限定!「小さな物語」シリーズ 曆(こよみ)特製夏みかん蜜煮画像
商品説明
*只今、暦さん頑張って追加製造中です!
*6月7日再入荷しました!

暦(こよみ )「小さな物語」シリーズ第一弾の【きんかん蜜煮】は大好評により完売しました! ありがとうございました!
そして第二弾は【夏みかん蜜煮】です。今回も数量限定(30個)ですので、気になる方は、お早めにご予約ください!


ゆるやかな傾斜で海へ向かってなだれ込む夏みかんの段々畑。
壺井栄の作品には、そんなかつての景色がたくさん描かれています。
おやつとしておいしそうにほおばる子どもたち、仕事の合間にのどをうるおす漁師や百姓、夏みかんを
めぐる心温まる物語が生みだされました。
今は少なくなりましたが、小豆島で作り続けられている夏みかんを、ひとつひとつ丁寧にむき、ことこ
と煮込みました。
そのままでも、ヨーグルトやアイスクリームに添えても、水やソーダ、お湯で割ってドリンクとしてもお楽しみください。
瀬戸内・小豆島の温暖な気候が育んだ美味しい柑橘や四季折々のフルーツを、蜜煮にしてお届けします。お楽しみに。

【合成保存料や着色料、香料などは一切使用しておりません】


『小さな物語』について

壺井栄の作品のタイトルから名付けました。

母を亡くし、島から祖母のもとへ出される妹と、島に残る兄が並んで食べた柿。

出迎えた祖母が妹に差し出した一つの蜜柑。

一つの果物が故郷の、そして新たな地の記憶として印象的に描かれています。

時を経て、故郷の記憶を呼び覚まさせたのも果物でした。

小豆島の小さな果物の一つ一つが、私たちの想いをのせ、皆さまの物語の一つになることを願って、蜜煮にしました。


『二十四の瞳』で知られる小豆島の作家 壺井栄の文学に描かれた小豆島の食や風習、醤油・素麺・ごま油・オリーブ・佃煮などの歴史ある食産業、魚や野菜、お米などの豊かな食材を味わっていただける創作郷土料理の店「こよみ」さんの味をご家庭でもお楽しみください。


創作郷土料理  こよみ ホームページ 

量・期間限定!「小さな物語」シリーズ 曆(こよみ)特製夏みかん蜜煮

ショッピングカート
Copyright ©小豆島の台所 かまとこ All Rights Reserved.